EDを治療しようと頑張ってる医師の画像

自分には絶対関係ないと思っていたEDにもし、なってしまった時あなたはどうしますか?絶望するのはまだ早いですよ。EDにはさまざまな治療法があるんです。では、自分に合った治療法なら完全にEDは治せるのでしょうか?当サイトでご紹介します。

2016年09月の記事一覧

ED治療薬の効果をまとめたスーパーPフォース

ED治療薬と早漏予防薬の成分をまとめたスーパーPフォースを服用すると、勃起を維持できる時間が長くなり、さらに射精までの時間も長くできるので、パートナーを確実に満足させることができます。この薬は血管を広げて、血圧を下げる効果と、SSRIによる射精を遅らせる効果があるので、薬の飲み合わせに注意をしなければなりません。基本的には勃起改善薬は副作用が少ない薬とされていて、目の充血や顔のほてりなどの軽い症状が出るだけです。SSRIの薬は、本来ならばうつ病治療に用いられる薬ですが、射精を遅らせる効果があるので、同時に配合されています。SSRIの薬の注意点としては、脳内物質のセロトニン受容体に作用するので、人によっては性欲が低下したり、射精までの時間が長くなりすぎて体力がついていかない場合があります。男性は35歳を過ぎると成長ホルモンや男性ホルモンの分泌が急激に減少するので、精神的に不安定になったり、体力が低下するなどの症状が出やすくなります。成長ホルモンは筋肉を鍛えることで分泌を増やすことができますが、睡眠不足の状態が続くと、分泌が減少するので、精子が少なくなったり、性欲が低下する恐れがあります。男性ホルモンは本来は男らしい行動をすると分泌されるもので、体を激しく動かすスポーツをしたり、ウエイトトレーニングをすることで分泌を増やすことができます。男性ホルモンの分泌量が増えると、性欲も高まるので、薬に頼らなくてもセックスをすることが可能になります。女性の場合は女性ホルモンのバランスが変化することで、子宮や女性器の血流が減少して性欲が低下することがあります。予防するためにはピルを服用したり、筋肉を鍛えて、冷え性や貧血を改善する必要があります。

続きを読む